人間看護学部 学部長メッセージ

滋賀県立大学人間看護学部は、平成15年に滋賀県立大学の4つ目の学部として誕生しました。大学のキャッチフレーズである『キャンパスは琵琶湖、テキストは人間』にあるように、滋賀県全域に実習施設病院をもち、その人(人間)がその人(人間)らしく生きることを支援できる看護職の育成を目的としています。医療・保健活動は、病院から地域・在宅へと場の移行が進んでいます。看護職も病院から地域に活動の場を移し、その人の生活の場で看護を実践していく力が求められています。その人らしく生き、その人らしく命を終えるそのプロセスを、より充実したものとするために私たちができることは何なのか。4年間、じっくり学んでいただければと思います。また、本学部は、看護師以外にも選択制ではありますが、保健師の国家試験受験資格を取得できます。さらに、教職課程を履修すれば養護教諭1種免許を取得することも可能です。

総合大学にある本学部で学ぶことにより、看護だけではない様々な視点をもった仲間と巡り合う機会もたくさんあります。生活者である人間を看て、支えていく専門職であるからこそ、幅広い視野が必要であり、こうした繋がりが、それを可能にしてくれるはずです。

あなたが描く(なりたい)未来はここにあります!あなたの夢の第1歩をこの場所から始めてみましょう。

 

伊丹君和学部長より受験生の皆様へのメッセージ