人間看護学部 学部長メッセージ

糸島陽子学部長より受験生の皆様へのメッセージ

皆さん こんにちは。
人間看護学部 学部長の糸島です。

私たち人間看護学部では、子どもから高齢者までのすべての人を対象に、そして、健康な人から病いや障がいとともに生きる人、近い将来死を迎える人がその人らしく最期まで生きることを支える看護を学びます。

学内での講義や演習で基本的な看護の知識・技術・態度を学びます。そして、滋賀県内の実習先で1回生から4回生にかけて段階的に実習を行い、専門職としての自覚と責任を学んでいきます。また、専門的な知識や技術に加え、総合大学の強みを活かし幅広い視点から人間を理解することを学びます。そして、滋賀県の地域特性をふまえた科目を設け、地域に学び・地域に貢献できる看護師を育成しています。

本学部では、看護師以外にも選択制ではありますが、保健師や養護教諭としての道を目指すこともできます。講義以外にも地域活動や海外研修など国際交流も行っています。卒業生は、看護師、保健師、助産師、養護教諭、教員として、病院、地域にとどまらず国内外で活躍されています。

受験生の皆さん、皆さんが描く未来をここから初めてみませんか?
人間看護学部でなりたい自分を見つけにきてください。
一緒に看護を考える日を楽しみにしています。