滋賀県立大学大学院 助産学部門 助産師育成コース

トピックス

 滋賀県立大学では、2019年4月から助産師教育を学部から大学院へと移行しました。

 「専門的な判断と技術に基づいた安全な周産期ケアが提供できる」「ウィメンズヘルスの保持増進に向けて包括的・継続的に支援する能力を持つことができる」「リーダーシップ能力、研究能力を修得することできる」ことを目標に、日々勉学に励んでいます。

 今回は、9月から始まる助産実習にむけて、妊婦健康診査・分娩介助・新生児介助の演習をしている場面です。これからはほぼ毎日のように、授業時間以外の時間を見つけて、技術の練習に励みます。こうした努力の積み重ねを経て、助産実習に臨みます。

 学生みんなが、助産師として活躍できる日まで、教員ともども一緒に頑張りましょう。